じぶんあそび

じぶんあそび

×1シングルおひとりさまライフを楽しむ私の作り方

迷いなく下す決断に翻弄されながら生きてきたのかな?

 

思うに大きな決断をする時って、迷う時期が非常に短い気がする。

 これは、誰もがそうなのか?

私の特性なのか?

 

その代わり、迷う前の悩む時期が非常に長くて女々しい。

 

f:id:cinako-3:20190526010514j:plain

 

ここ最近の大きな決断と言えば

13年間務めた会社に見切りをつけアラフィフにしての転職。

アラフィフの転職は、キャリアと言うキャリアを持たない(自覚していない)

一般人にしてみれば大大大冒険です。

 

 

この時の自分の中の移ろい方と言えば

 

 

この会社終わってると思い始めた

仕事に対しての熱意が失せた

体調が優れない

心も優れなくなってきた

身体に症状が現れ始めた

もう何もしたくない

 

という過程。

思い返せば2年も堪能していた。

 

だけど、この2年という期間にも

私の中に辞めるという選択肢は無かった。

 

まだ迷ってはいない。

ぐちぐちと悩んでいるだけ。

 

なんとか現状に折り合いをつけながら

自分の意識を変えて仕事への熱情を取り戻す方法を模索しながら

職場が良い方向に向かうのを静観しながら待つ

という選択しか持っていなかった。

 

仕事内容に関しては、かつては達成感があったし

職種的にも本当に好きな仕事だったから。

 

でも、自分の意識も上がるどころか消耗しきって下降をたどる一方。

会社の方向性も、ある一集団の狂気とも思えるやり方と緩やかな誘導に導かれて

それが『普通』であり

それに黙って従う事こそが生き残る唯一になってしまっている現実に

 

心も精神も身体も『ダメかも...』となった

ちょうどのタイミングで

 

ある知り合いから

『うちに来ないか??』

と誘われて即決!

 

安パイそうな選択肢が登場したとたんの決断。

 

次の日には直属の上司に

『わたし、辞めるわ』と報告。

同じように『憤懣やるかたない』思いを持ちつつも

良くも悪くも事なかれ主義のこの人だったら何も言わないだろうっていうのを見越して。

 

身近な上司に打ち明けて心が軽くなり

軽くウキウキ気分か!っていうくらいの勢いで

初めて書く退職願・退職届の書き方を調べて

下書きを作って。

あとは日にちを入れて提出するばかりにまで仕上げた。

 

あとの難関は部署の上長。

こいつが難関。

とりあえず、面談のアポを取り数日後に時間を設けた。

 

飛ぶ鳥跡を濁すつもりはなかったから

一応、会社の言うスケジュールも考慮にいれながら

丸々残っている有給もしっかり消化しつつ

退職の日を決めようという為の面談。

わたしにとっては。

 

ところが、迷ってるんだろ?辞められるわけないよな?的な的外れなポイントをついて

退職希望を覆そうとする上長の話が回りくどくて

面倒くさくて、長ったらしくて、滑稽で。

 

それを受け止めつつ、いちいち覆すという対応が延々と続く不毛さに

限界を感じて

 

もう私、鳥じゃないし飛ばないし、濁してもいいわ!!

と約款に反さない最短ギリギリの期間

かつ、有給はしっかりいただく方向で

退職願or退職届を提出する事を一方的に申し上げ

 

話を打ち切らせていただきました。

 

 

ここまで、現状に悩んではいたけど迷ってはいない...とは思うんですよね。

 

辞めようかな~

どうしようかな~

でもな~

 

とは思わなかった(と思うし)

人に相談する事もなかった。

 

...と、ここまで書き散らして、ふと思ったんですけどね。

 

よく、迷ってる時に

『悩むぅ〜』

って言いますね。

 

こっちとこっちと

どっちにしよ〜

なやむ〜

 

って。

 

ん?よく分からなくなってきたぞ?

 

転職に関しては

これ決断できたのって、渡りに船があったから?

それまでは、単に選択肢が無かったから迷えなかっただけって事?

 

今の会社辞めたって、どうやって生活していくの?

普通に職探したって、今のレベルの収入得られるわけないじゃない。

ここにいるしかないじゃない。

 

と決めつけて迷う事さえしてなかっただけ?

 

と、ふと気づく。

 

じゃあ、離婚の時はどうだっただろう。

 

悩んで悩んで宗教にまで片足突っ込みながら改善を試みて

プチっと弾けて即決。

 

でも、この時は渡りに船の選択肢はなかったなぁ。

 

バツイチ子持ちを丸ごと受け入れてくれるような

お金持ちで、とんでもなく紳士で

ディーンフジオカ似の白馬に乗った王子様はいなかった笑

 

こんな王子様がいたら悩みも迷いもせず即決か笑

 

 

なんだか、お題にケチつけ出したぞ!

悩むと迷うは、同列か否か??

 

お題の『迷う』は選択肢がある場合

どっちにしようか

どれにしようか

『迷う』

っていう解釈でいいんですよね?

 

だとしたら、やっぱり最初に書いたように『迷う』という期間が無いに等しい。

選択肢が登場するか、頭に浮かんだ時点で、ほぼ意志は固まっている。

 

悩む

現状の中でなんとか改善しようともがきにもがく

 

迷う

選択肢の登場

 

決断

選択肢が登場した時点でほぼ決定。

良いこと考えた~(。-∀-)状態で、実行に向けて動き始める。

 

 

これは、決断力がすごいとか言う事ではなくて

ただズルいだけかもしれない。

今いる安全圏に出来るだけのさばり続けて

あっちを選択しても今よりは安全であるであろう...

という確実性が得られた時点での決断だから。

 

あれ?

迷うって。悪い事と良い事で迷うだけじゃないね?そういえば。

どっちも良いけど、どっちにしよう〜

という贅沢な迷いもあるわけだ。

 

ディーンフジオカと

えーっと、ディーンフジオカとぉ…

 

 

 

 

 

 

ディーンフジオカしか

思い浮かばないっ; ̄◇ ̄)

 

結局 ディーンフジオカ愛がすごいっていう

一択宣言なお話でいかがでしょう?

ダメか( ;∀;)

 

追伸

安易で唐突な決断によって、また悩み多き日々を送っております。

 

cinako.hateblo.jp

 

選択肢は、今のところ無い笑

迷いって大切な事かも。