じぶんあそび

じぶんあそび

×1シングルおひとりさまライフを楽しむ私の作り方

孤独を感じている人間が読んで心が黒くなる記事とアガル記事の感想

一人の時間が愛おしくてたまらない。

 

ひとりの休日は(たいてい一人である)

うたた寝も家事も用事もうたた寝も食事もうたた寝も…

自分のペースで、つじつまを合わせながら1日の中で収まりがつくように時間を過ごす。

 

猫

 

どんなに好きな人でも、自宅の中で12時間以上一緒にいると自分のペースが崩れる事に苦痛を感じて

しまいには、疎ましくなってくる。

 

こんな奴は、とてもじゃないけど人と一緒に住むなんて無理に決まっている。

 

でも、心の奥底では自分の強みだと自負する自分もいたり。

 

孤独のススメみたいな事

地でいってるじゃん!!

老後におけるお金の準備は全く出来てないけど

心の準備は万端だ!

なんて、調子に乗っていい気になっているところに

こんな記事が…

 

president.jp

 

え??なに?孤独は悪だと??

と、のっけから反発心丸出しで読み始めたんだけど。

なんか...読めば読むほど『ちぐはぐ感』というか

『こじつけ感』しか感じない。

 

絶望的孤独と自立的孤独の違いは分かるよ。

分かるけどさ。

タイトルからして鼻につく

『無差別殺傷を引き起こす絶望的孤独』って。

自分の取り扱っている【コミュニケーション】の素晴らしさを提唱するために

センセーショナルな事件を引き合いに出した感がムンムンで。

 

7回読んだけど。

煙に巻かれた気になる。

 

比較するものが違う。

並べて語る事じゃない。

と思うんだけど。

 

最終的に

 

今後、こうしたことを起こさないために何ができるのかと考えた時に、「孤独」というテーマをタブーにせずに議論の俎上に載せてもいいのではないだろうか。誰にでも居場所があり、思いやりや人のぬくもりの中で、一人一人が自立しながら、長期的な孤独に陥らない社会的な支えあいの仕組みづくりについて、真剣に考えていくべき時が来ているのではないか

 

とおっしゃってるけど

孤独をタブーにしてるかな?

こんなに孤独について世の中騒ついてるのに?

それとも政治の上でってこと?

これも…正論すぎて壮大すぎて。

そりゃ、思いやりやぬくもりが世の中に溢れて

誰もが優しさや感謝の受け渡しが出来るような世界になればいいに決まってるけど

現実感が全く感じられない結論。

 

なにか専門家なだけに一般人には思いもつかない秘策があるのかな?

 

 

スポンサーリンク

 

 

一方、こっちのお話

president.jp

 

すとんって!すとんって!!

収まった。

 

全く全く、おっしゃる通り!

100%賛同!

 

なかなか難しいけど理想の極みだ。

こうありたいと思う。

 

 

cinako.hateblo.jp

 

に対して偶然にも大正解のお答えいただきました!

 

相手に対する期待しない事って(変な意味じゃなく。詳しくは読んでみてね)

意識してやろうと思っても無意識にしてしまうものだから

域に達するのも至難の業で

 

相手に対する思いやりも、

相手を不愉快にさせない努力って言ってるけど

家族と言うくくりの中で常に思い合える間柄って

お互いがかなり高みにいないと毎日毎日の事だから難しい。

 

日々、修行だなって思ってしまう。

 

これ、ホント出来なかったな。

結婚生活中。

当時は気づいてもいなかったし分かってもいなかった。

 

けど、離婚をして母子家庭になったからこそ真剣に考えるようになった

『家族』というものの理想の在り方や形ってこんな事じゃないかな?

って思っていたことを文章にしてくれてあったから

すっきり!しっくり!すとん!

って自分の中に落ちたんだろうと思う。

 

ただ...

『2つの条件』ではなくもう一つ加えて『3つの条件』にしてほしかった。

 

孤独を楽しむ、自由を楽しむためには、2つの条件があります。それは、経済的自立と、精神的自立です

 

『経済的自立』と『精神的自立』

あともう一つ『身の回り事の自立』...これ『精神的自立』に含まれてるのかな?

 

ちょっと前に

kogusoku.com

 

これホント??つり??だよね???

と思うほどのクソ野郎が登場してたけど

まさに、こういう事。

 

家事は知らないうちに当たり前に済んでいるものではなく

誰かが自分の時間や手間を割いてやっているから

生活環境や住宅環境、食の環境、身だしなみ環境が整っているんだって事を

本当の意味で認知して

一極集中じゃなく、いつでも誰でも出来るようになる『身の回り事の自立』って

 

コレ、おおいに大切な条件だと思う。

 

自分でなんでも出来て、やって当たり前だと思っていれば

やるやらないで不満も出ないはず。

 

長く連れ添って、先に旦那さんが亡くなった奥さんは生き生きとしてて

先に奥さんが亡くなった旦那さんの情けなさったらない。

 

っていうのも、『身の回り事の自立』をしてこなかったからっていうのも理由の一つで。

 

これが出来ていれば

たとえ、突然ひとりになったとしても

『絶望的な孤独感』に襲われる要素は減少するはず。

 

だからさ。

孤独とか孤独じゃないとかって

コミュニケーション能力の話じゃないんじゃないかな?

 

どう思う?

コミュニケーション・ストラテジストさん♪